文字彫刻を活用した格安トロフィー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安でトロフィーが作れる業者も多いですが、文字彫刻のイメージも確認しておきたいポイントです。
各社にて彫刻機は性能が高い機器を使用していますが、ミリ単位の文字やフォントなどにも対応可能なところが多くなっています。フォントは各種字体から選ぶことが出来、お好みのデザインにて製造出来ます。プレートも種類が豊富にあり、それに合ったフォントにて作ると仕上がりが良くなります。専属のスタッフがいる業者だと、長年の経験がありますから用途や希望の色合いに沿ったものをレイアウトしてもらいやすいです。制作前にデザインの確認が出来ると、よりイメージを抱きやすくなります。
業者に依頼する際にて、ホームページからの注文の場合は概ね文字のアウトラインを指定のソフトにて作ることが求められます。各種指示の下作成をして下さい。わからないことは業者に確認すると安心です。

文字彫刻における文字数について

トロフィーの場合、文字彫刻をするにあたり文字数により料金が発生します。シンプルなデザインもあれば、日付や大会名などを詳細に入れることで、相応の費用がかかります。一方、受賞した側では文字や日付が入っていることで、特別な印象を抱くことが出来やすくなります。格安で出来るトロフィーにもその印象を抱いてもらえると、費用対効果は高いです。
優勝トロフィーなどはフォントの大小があっても、概ね料金は変わりません。長方形のプレートの場合も、縦に多く彫刻や刻印できるタイプが多いです。トロフィーのデザインを確認した上でプレートの形に添って、1行の文字数及び列数を変えると良いでしょう。

コンペでのトロフィーの文字彫刻について

ゴルフなどのスポーツコンペをする場合にて、トロフィーも用意すると、たとえ格安でもその場の雰囲気は大いに盛り上がります。その際の文字彫刻におけるポイントを紹介します。
まずは、優勝などの表彰名が目立つように作ると良いです。会場、日時、大会名なども記入する流れになります。この際にあまりに行数が多いと、プレートサイズ全体におけるバランスが悪くなります。特に大会名の場合は、スポンサーや回数を入れると長くなりやすいです。1行10文字が一つの目安です。
各大会にて持ち回りの場合もありますが、会場、日付、回数は変化しますから、シンプルなデザインがおすすめです。また、屋外での競技だとあらかじめ用意していた日時と異なる場合があります。修正の可否を含めた確認が必要です。

ピックアップ記事

格安トロフィーでも意味合いは同じ

たとえ格安なトロフィーでも、スポーツの種目や文化芸術などを問わず、成績を讃える意味で長く使用されています。世界では古代ギリシャの時代から使用されていましたが、日本では主に第二次大戦後に使用されました。...

格安でもトロフィーの種目ごとに価値がある

トロフィーを作るにあたり、種目ごとに異なったデザインで作ることが出来ます。たとえ格安でも業者のほとんどはトロフィーの料金込みで作ることが出来ます。スポーツの種目は数多くありますが、芸術や文化におけるジ...

素材で選ぶ格安トロフィー

トロフィーは塔を模したタイプのデザインが定番ですが、近年では優勝盾や像、キャラクターを模したオリジナルデザインなど幅広くなっています。スポーツなどのコンペの他にも美術や文化の分野でも使用されています。...

文字彫刻を活用した格安トロフィー

格安でトロフィーが作れる業者も多いですが、文字彫刻のイメージも確認しておきたいポイントです。各社にて彫刻機は性能が高い機器を使用していますが、ミリ単位の文字やフォントなどにも対応可能なところが多くなっ...


コンテンツ

カテゴリー