格安トロフィーでも意味合いは同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえ格安なトロフィーでも、スポーツの種目や文化芸術などを問わず、成績を讃える意味で長く使用されています。
世界では古代ギリシャの時代から使用されていましたが、日本では主に第二次大戦後に使用されました。近年では、競技種目ごとにデザインも作られていますが、定番なタイプは1本から4本の柱でつくられたタワー型です。これは古代ローマ時代から、戦に勝利した者として人々に知らしめるものとして与えられています。
歴史的な意味合いだけでなく、格安でも作りやすいメリットはあります。このタイプは土台が大きいため、文字入れやプレートが貼りやすいことも人気の理由の一つとなっています。近年では、金銀以外にもプラスチックやメッキタイプなど多くのデザインが用いられています。価格も格安から高価なものまで幅広くあります。

デザインは幅広く展開されている

トロフィーのデザインは昔ながらのタワータイプがあります。近年では、用途に合わせたデザインにも格安で対応できる業者も増えています。
技術革新も理由の一つですが、トロフィーの位置づけも大きく変わってきました。種目ごとに異なる点は、スポーツの競技人口の多様化や大舞台に限定されたものと位置付けられています。格安と言えども、素材に凝って作り大きな大会で使用するトロフィーだと相応の費用がかかります。しかしその分特別な印象を与えます。
自宅だけでなく、学校や企業でもよく飾られています。これは、功績や実績を他者にアピールするだけでなく、歴史と文化を人々に伝える点でも一役担います。トロフィーには、デザイン以上に高い価値をもたらしてくれます。

お子様にはキャラクタータイプを渡そう

トロフィーには、スポーツ、文化など優秀な成績を讃える意味合いのものもありますが、お子様向けタイプも市場に出回っています。
特にアニメキャラクターをデザインとしているタイプは、お子様の誕生日など記念の一つで与えられることが多いです。キーホルダーなどの付属品と一緒にプレゼントとして使用する方法もあります。テレビ番組の企画の一つで、アニメキャラクターのトロフィーを画面に映すだけでも、幅広い年齢層の視聴者に親近感を与えます。企業スポンサーでキャラクターを使用している場合では、会社に飾るだけで宣伝効果をもたらします。
名入れに対応している業者も多く、企業の表彰などの用途としても利用できます。

ピックアップ記事

格安トロフィーでも意味合いは同じ

たとえ格安なトロフィーでも、スポーツの種目や文化芸術などを問わず、成績を讃える意味で長く使用されています。世界では古代ギリシャの時代から使用されていましたが、日本では主に第二次大戦後に使用されました。...

格安でもトロフィーの種目ごとに価値がある

トロフィーを作るにあたり、種目ごとに異なったデザインで作ることが出来ます。たとえ格安でも業者のほとんどはトロフィーの料金込みで作ることが出来ます。スポーツの種目は数多くありますが、芸術や文化におけるジ...

素材で選ぶ格安トロフィー

トロフィーは塔を模したタイプのデザインが定番ですが、近年では優勝盾や像、キャラクターを模したオリジナルデザインなど幅広くなっています。スポーツなどのコンペの他にも美術や文化の分野でも使用されています。...

文字彫刻を活用した格安トロフィー

格安でトロフィーが作れる業者も多いですが、文字彫刻のイメージも確認しておきたいポイントです。各社にて彫刻機は性能が高い機器を使用していますが、ミリ単位の文字やフォントなどにも対応可能なところが多くなっ...


コンテンツ

カテゴリー