素材で選ぶ格安トロフィー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トロフィーは塔を模したタイプのデザインが定番ですが、近年では優勝盾や像、キャラクターを模したオリジナルデザインなど幅広くなっています。スポーツなどのコンペの他にも美術や文化の分野でも使用されています。トロフィーを作るにあたり、使用する素材もたくさんあります。
素材ですが、格安なタイプでは概ねプラスチックにメッキを施したものが使用されています。量産性に優れており、大量注文にも対応しやすいです。既製品の場合は、台座に銘板交換するだけですから、時間と手間もかかりません。
しかし、プラスチックだけだと軽すぎるため、台座のみ石を使用している場合が多いです。特に高さがあるタイプの場合は、概ね台座に大理石を使用しています。高級感だけでなく安定性ももたらします。

高級感をもたらす格安トロフィーの素材

格安トロフィーは概ねプラスチックでできていますが、その他の素材を紹介します。
クリスタルタイプは、透明度が高く艶を出すことで高級感をもたらします。重厚感も素材の中でも高いので、重みを与えてくれます。メダルを埋め込んだり文字を刻み込むことで、一つのオブジェとしても楽しめます。一方、生活場面における衝撃には弱いので管理面は配慮が必要です。アクリルタイプは、透明度はクリスタルと変わらない場合が多く、衝撃における耐性も高いです。文字彫刻にも手間がかかりません。業者によっては、プラスチックよりも格安で作れます。その他としては、ブロンズやシルバーなど幅広い素材にて作れる業者が多いです。

格安トロフィーも長期間楽しめる管理方法

トロフィーはたとえ格安でも頂いたら嬉しいもので、長期間飾ることを考える方は多いです。一方、適切な管理をしないとくすみや埃などの汚れが付着してしまいます。紫外線の強く当たる場所に管理をすると、劣化を引き起こします。そこで、管理面でのポイントを紹介します。
トロフィーは湿気に弱い素材が多いです。特に梅雨や雨天の日が続くと、劣化を引き起こしやすくなります。柔らかく清潔なタオルで定期的に拭くだけでも、品質の維持は保つことが出来ます。汚れが気になる場合も同様です。
保管する際には、日差しが直接当たらない場所に飾ることがおすすめです。素材がプラスチックでも、土台だけは木製で出来ている場合もあります。木の水分が奪われ、ひび割れの原因になります。飾る予定が無い方だと、押し入れに入れておく方法が適切です。

ピックアップ記事

格安トロフィーでも意味合いは同じ

たとえ格安なトロフィーでも、スポーツの種目や文化芸術などを問わず、成績を讃える意味で長く使用されています。世界では古代ギリシャの時代から使用されていましたが、日本では主に第二次大戦後に使用されました。...

格安でもトロフィーの種目ごとに価値がある

トロフィーを作るにあたり、種目ごとに異なったデザインで作ることが出来ます。たとえ格安でも業者のほとんどはトロフィーの料金込みで作ることが出来ます。スポーツの種目は数多くありますが、芸術や文化におけるジ...

素材で選ぶ格安トロフィー

トロフィーは塔を模したタイプのデザインが定番ですが、近年では優勝盾や像、キャラクターを模したオリジナルデザインなど幅広くなっています。スポーツなどのコンペの他にも美術や文化の分野でも使用されています。...

文字彫刻を活用した格安トロフィー

格安でトロフィーが作れる業者も多いですが、文字彫刻のイメージも確認しておきたいポイントです。各社にて彫刻機は性能が高い機器を使用していますが、ミリ単位の文字やフォントなどにも対応可能なところが多くなっ...


コンテンツ

カテゴリー